さるかに合戦!

カニをいじめた悪い猿をやっつけようと、栗は囲炉裏の中に隠れ、蜂は水桶の中に隠れ、牛糞は土間に隠れ、臼は屋根に隠れた。そして猿が家に戻って来て囲炉裏で身体を暖めようとすると栗が体当たりをして猿は火傷を負い、急いで水で冷やそうと水桶に近づくと蜂に刺され、驚いて家から逃げようと牛糞に滑り転倒、屋根から臼が落ちてきて猿は潰れてしまう。徹底的に猿は逃がせん(サルカニガッセン)ということで『さるかに合戦』という話になりましたとさ。ー遊人版昔話より。他に浦島太郎、桃太郎、一寸法師などあり。夏のキャンプに子どもたちを連れて行ったとき、なかなか寝付かない子どもたちのためにテントの中で即興で作った話。子どもたちだけでなく、テントの外で聞いていた保護者たちからも次々リクエストがあって、結局、子どもたちを寝かすどころか、夜ふかしをさせてしまった、子どもたちのガキ大将でした。


タイトル